【家電選び】テーブルをレンタルするときの選び方 | 家具や家電のレンタルなら長栄C-Styleへ

MENU

コラム

  1. 家具家電レンタルTOP
  2. コラム
  3. 【家電選び】テーブルをレンタルするときの選び方
テーブルをレンタルするときの選び方

食事をとったり、パソコンで仕事をしたりするテーブルは、生活に欠かせない家具です。そんなテーブルをレンタルする際は、どんなものを選べば良いのでしょうか?今回は、テーブルを家具レンタルするときの選び方をご紹介します。

テーブルの形で選ぶ

レンタルするテーブルを選ぶときに最初にチェックすべきポイント、それはテーブルの形です。

  • ローテーブル(センターテーブル)

    テーブルの天板までの高さが30~50cm程度の低いテーブルは、ローテーブル、センターテーブルなどと呼ばれます。リビングに置かれることが多いテーブルで、ソファと合わせて使用するほか、床にクッションやラグを引いて直接座って使用することもできます。
    天板の下に棚がついているものもあるので、あまりテーブルの上にものを置きっぱなしにしたくないという方は、棚つきのローテーブルを選ぶと良いでしょう。

  • 食卓テーブル(ダイニングテーブル)

    ダイニングテーブルとも呼ばれる食卓テーブルは、その名の通りダイニング用のテーブルです。ローテーブルとは異なり高さがあるため、椅子とセットで使用されます。
    使用する人数によって大きさが異なるので、家族や同居人の人数に合わせたものを選びましょう。来客があったときのことを考えて、少し大きなサイズのものをレンタルしておくと安心です。

テーブルの素材で選ぶ

テーブルは、その素材によっても印象が大きく異なります。ここでは、主要な素材をご紹介します。

  • 木材のテーブル

    木材を使用したテーブルは、なんといってもあたたかみがあるのが最大のメリットでしょう。使い込むほどに風合いが出てくるのも魅力のひとつです。硬くて丈夫ではありますが、ものによっては表面に傷がつきやすいことが欠点です。

  • メラミン樹脂のテーブル

    メラミン樹脂とは、プラスチックの一種です。硬くて表面に傷がつきにくく、耐熱性も高いといった特長があります。

  • ガラス天板のテーブル

    天板部分がガラス素材のテーブルは、なんといってもそのスタイリッシュさがメリット。天板の下に棚があるものなら、棚に造花やアクセサリーなどを飾って、テーブルをよりオシャレに演出することもできます。
    ただし、ガラスは表面に傷がついたり、最悪の場合は割れてしまったりする可能性も。小さなお子さんや動き回るペットがいる家庭には、あまりおすすめできません。

おわりに

今回は、テーブルをレンタルするときの選び方をご紹介しました。
テーブルをレンタルするときは、テーブルを置く場所や同居人数、部屋全体をどんな雰囲気にしたいかなどに合わせて選ぶことをおすすめします。
お部屋にぴったりなテーブルをレンタルしてくださいね。

> シースタイル 家具家電レンタル商品を見る