【家電選び】冷蔵庫をレンタルするときの選び方 | 家具や家電のレンタルなら長栄C-Styleへ

MENU

コラム

  1. 家具家電レンタルTOP
  2. コラム
  3. 【家電選び】冷蔵庫をレンタルするときの選び方
冷蔵庫をレンタルするときの選び方

生活する上で欠かせない家電である冷蔵庫。冷蔵庫は購入する以外にも、レンタルして用意できます。なお、レンタルできる冷蔵庫の種類はさまざまです。
そこで今回は、冷蔵庫をレンタルするときの選び方についてご紹介します。

冷蔵庫を容量で選ぶ

冷蔵庫を選ぶ際、生活シーン別に最適な容量を把握することが大切です。ここでは生活シーンごとに、おすすめな冷蔵庫の容量をご紹介します。

  • 1人暮らしの方には「100L」がおすすめ

    1人暮らしの方には、「100L」の容量の冷蔵庫をおすすめします。100Lの冷蔵庫は、部屋のスペースに余裕がなくても設置できる大きさです。また、1人分の食料を収納する場合、100Lあれば十分といえるでしょう。

  • 2人暮らしには「160~199L」がおすすめ

    2人暮らしの方には、「160~199L」の容量の冷蔵庫をおすすめします。160~199L程度の冷蔵庫であれば、2人暮らしで自炊が多い場合でも、食料を十分に収納できるでしょう。

  • 3人暮らしには「200~219L」!状況により「250~299L」も検討しよう

    3人暮らしの方には、「200~219L」の容量の冷蔵庫をおすすめします。200~219L程度の冷蔵庫であれば、3人分の食料を収納することが可能です。
    なお3人暮らしで、「食料をまとめて購入することが多い」「食事の量が多い」という方は、250~299L程度の冷蔵庫を選んでおくと安心です。

  • 毎日自炊するファミリー世帯には350Lがおすすめ!

    毎日自炊するファミリー世帯には、「350L」の容量の冷蔵庫をおすすめします。350Lの冷蔵庫であれば、ファミリー世帯が日常生活で必要とする食料の収納が可能です。

冷蔵庫をレンタルする前の注意点

ここでは冷蔵庫をレンタルする前に、知っておきたい注意点についてご紹介します。

  • 設置場所の確認

    冷蔵庫の設置場所を確認しないでレンタルしてしまうと、家具の配置変更やレンタルのし直しを検討する必要が出てくるかもしれません。
    そのため、冷蔵庫をレンタルする際は、冷蔵庫の設置場所に、冷蔵庫のサイズに合わせたスペースが確保できるか確認する必要があります。また、冷蔵庫の前後左右のスペースや、周囲の家具や雑貨の状況、コンセントの有無なども確認もしておきましょう。

  • 搬入経路の確認

    冷蔵庫をレンタルする際は、冷蔵庫の搬入経路も確認しておきましょう。搬入経路を確認しておくことで、冷蔵庫を設置するまでの流れがスムーズになります。

おわりに

今回は、冷蔵庫をレンタルするときの選び方についてご紹介しました。
冷蔵庫を選ぶ際は、生活スタイルに合わせて、適切な容量の冷蔵庫を選ぶことが大切です。また、冷蔵庫をレンタルする前に、設置場所や搬入経路なども確認しておきましょう。

> シースタイル 家具家電レンタル商品を見る