レンタル家具・家電の以外におすすめなアイテム

MENU

コラム

  1. 家具家電レンタルTOP
  2. コラム
  3. レンタル家具・レンタル家電 意外にこんなものがおすすめ!?
ベットをレンタルした女性

突然の転勤による単身赴任やお子様の進学など、新たな一人暮らし生活を始める場合には、生活のために必要な家具家電類を用意しなければなりません。しかしまとめて全て購入するとなると金額が大きくなりますので、それほど長い期間使わない事がわかっている場合には、リーズナブルなレンタルという選択がおすすめです。

必要な家具家電を新品でそろえると大きな出費になる

一人暮らしをするアパートやマンションで、ごく一般的な日常生活を送ることを考えると、必要な家具家電製品が見えてきます。家電製品ではテレビや冷蔵庫、洗濯機は必需品となり、家具ではテーブルやベッドなども必要となります。とにかく安く購入しようと考えても、この5点を合わせると新品で10万円は軽く超えてしまいます。もちろんこれは最低限度のものですので、例えば電子レンジやソファなどを追加で購入していくと、出費が際限なく広がっていくものです。 単身赴任の期間がそれほど長期にならない場合や、2年程度の年限が決まっている学生さんの場合には、圧倒的に借りてそろえたほうがコストの面で有利となります。

意外な家具家電もレンタルが可能

レンタルできる製品はとても多く、生活に必要なものは大部分がそろえられると考えても違いありません。その中でもおすすめなのがベッドなどの寝具です。購入すると搬入や組み立て作業などが必要となりとても煩雑な作業が必要となりますが、レンタルであれば使用するその日にスタッフが組み立てて、引っ越しの際には再び搬出してもらえますので手間がかかりません。 引っ越しの初日に「気づくと部屋の中に寝床がなくて途方に暮れてしまった」などという話を聞いたことのある人も少なくないものです。そして忘れがちなのが、部屋のプライバシーを守るカーテンです。夜になって部屋の中が丸見えとなり困ってしまうという失敗談も多くありますので、ぜひあらかじめ連絡をして初日から使えるようにしておきましょう。

期間が短ければ料金面のお得度が高い

レンタル家具家電は、利用する期間が短いと料金的なお得感が高まります。借りる家具家電のグレードや数によっても異なりますが、1年から2年程度の期間では新品を買った場合と比較すると3割から4割程度も安く済ませることができるケースもあります。この料金面の差は大きなメリットとなり、その浮いたお金で別の部分にしっかりとコストを掛けることもできるようになります。 新たな土地では気候風土の違いもあり、その土地に適した冷暖房器具も必要となります。一般的に冷暖房器具は高額になる傾向がありますので、レンタルを選択することで費用を抑えることが可能です。

一人暮らしの期間が決まっているのであれば、レンタルが大変お得となります。
できるだけ費用を抑えながらも快適な暮らしを実現するためにも、ぜひ一度一人暮らし開始前にじっくりと検討してみることをおすすめします。

> シースタイル 家具家電レンタル商品を見る