会社の福利厚生の充実にレンタル家具、レンタル家電を活用しましょう。 | 家具や家電のレンタルなら長栄C-Styleへ

MENU

コラム

  1. 家具家電レンタルTOP
  2. コラム
  3. 会社の福利厚生の充実にレンタル家具、レンタル家電を活用しましょう。

会社の福利厚生の充実にレンタル家具、レンタル家電を活用しましょう。

会社の募集にエントリーする人たちは何を基準に会社を選ぶのでしょうか。仕事内容が自分の叶えたい夢にそったものだというのはもちろんですが、働く環境、福利厚生の充実度なども会社を選ぶ要素だと言われています。
逆に、選ばれる会社側は、成業の充実はもちろんですが、働いてくれる社員が快適な時間を過ごし、また安定した生活を営むための条件を整えることも必要になってきます。

そうすることで、より優秀な人材が確保できるというものです。
ということで、今回は、福利厚生の充実を目指して、社員寮や社宅に身ひとつで移り住んでもらえるように、生活環境を整えることを考えてみましょう。
つまり、社員寮や社宅にレンタル家具、レンタル家電を利用して、すぐに生活がはじめられる環境を提供しようというものです。

イメージ23

社員寮や社宅を利用するのは短期間です。

会社に採用が決まり、実家のある地域の本店あるいは支店に配属が決まった場合、時間があればアパートなどを個人で借りることが多いでしょう。
しかし急な配属や支出を抑えたいと考えている社員にとっては、会社が用意している社員寮や社宅が利用できればありがたいはずです。

しかし、社員寮内もまわりは社員なわけですから、なんとなくオンオフの切り替えが付けにくい、自由がない気がするなどを理由として、多くの社員は3年もすれば出て行くそうです。
つまり、3年ほど資金を貯めるために、便利に快適に過ごせる社員寮や社宅であれば、なお、社員にとっては魅力的だということです。

自分の住み処を見つけるまでの快適空間の条件とは

では、短期間、快適に利用したくなる社宅や社員寮とはどういったものでしょうか。もちろん家具や家電が揃っていなくてはなりません。
その家具や家電は、シンプルで、あきがこないものがベストです。

つまりはレンタル家具やレンタル家電の基本的なもの、ということでしょう。
レンジ、冷蔵庫、トースター、洗濯機、テレビ、テーブル、椅子、タンス程度が揃っていれば充分だとも言えます。
これらを入居予定の社員が決まれば、レンタルショップで契約をして、揃えておくのです。

使い方はほとんど基本的な機能だけのレンタル家電ですから、難しくはありません。生活がはじまって、すぐその日から使えるでしょう。
また、レンタル家具やレンタル家電ですから、テレビは持参します、という社員に対しては、レンタル家電のリストから外すというシステムにしておけば、より好みに忠実な生活空間を提供することにもなります。

メンテナンスの心配もないから安心

レンタル家具、レンタル家電の便利なところは、会社側が用意しておいても、故障などが発生したときは連絡すればレンタルショップが対応してくれることです。

日中、会社で仕事をしている社員にとっても、自分で電気屋さんに連絡をして対応しなくてはならないのに比べると、安心して利用できるはずです。
さらに、いま使っている社員が部屋を出て、次の社員が入ってくるとなれば、レンタル家具もレンタル家電も、いったん解約をして、さらに次の社員に合わせたレンタル商品を借りれば良いのです。
利用している社員にとっても、レンタル家具やレンタル家電なら、部屋を出るときに、身軽に動けるというわけです。

レンタル家具、レンタル家電でシンプルに暮らす習慣は財産になる

レンタル家具、レンタル家電の備わった社宅や社員寮が快適なのは、ご理解いただけたと思います。
しかしレンタル家具、レンタル家電を利用することのメリットはそれだけではありません。
先にも言いましたように、レンタル家具やレンタル家電は、機能的にもデザイン的にもとてもシンプルにできています。
それは誰にでも使いやすいことが求められるものだからです。

逆に、自分で買う場合は、便利だろうなと思える最先端の機能の付いた家電や、斬新なデザインの家具などに惹かれるものです。しかし、それってほんとうに使いこなしているでしょうか。
便利な機能は自分で工夫することを衰えさせ、シンプルに暮らす贅沢を忘れさせます。

言い換えると、シンプルなレンタル家具やレンタル家電で、自分なりに便利に楽しく暮らせるようになることは、どこに行っても、どのような環境であっても、自分らしい暮らしが実現できる生きる力を鍛えたことになる、とも言えるのです。

誰でもすぐに使えるレンタル家電、シンプルなレンタル家具だからこそ、その人らしい空間を演出する工夫や、便利に使うアイデアなどが生み出せるのです。
こんなレンタル商品が揃った社宅や社員寮での生活は、会社で身につける仕事の技術よりも、財産になるかもしれませんよ。
将来有望な社員を育てるためにも、福利厚生の充実のためにも、社宅、社員寮にレンタル家具やレンタル家電を活用することを考えてみませんか。

家具や家電のレンタルなら長栄C-Style(シースタイル)へご相談ください。

> 家具家電レンタル シースタイル トップページへ