家具・家電付きの社宅を検討してみましょう。 | 家具や家電のレンタルなら長栄C-Styleへ

MENU

コラム

  1. 家具家電レンタルTOP
  2. コラム
  3. 家具・家電付きの社宅を検討してみましょう。

家具・家電付きの社宅を検討してみましょう。

単身赴任にかぎらず、新人時代には研修などで数ヶ月、自宅や配属先の地域から離れなれたところにある工場や研修先の支店へ出向することは少なくないでしょう。

とくに新聞記者や研究者なら、全国各地の支店や、大学や研究機関への出向あると聞きます。もちろん、転勤なども他の職業に比べると多いようで、3年程度の単位で辞令が出るとも聞きます。

そうした場合、多くは地方へ出向する本人が住む場所を用意することになるようです。ところが昨今、就職難である一方で、優れた人材が採用できないと悩む企業や施設が多いのも事実。優れた人材を確保するためにも、福利厚生を見直してみるのはどうでしょう。

たとえば、転勤や研修で移動する可能性の高い地域に社宅として使えるマンションを購入しておきます。そこを利用する社員や研究者は3年程度で移動するわけですから、すぐに生活ができる程度の家具・家電が付いているのは、とても魅力となります。

つまり、購入した社宅用マンションに、家具をレンタルし、生活家電をレンタルして、基本的な設備を整えておくのです。
利用する社員や研修者が変わるごとに、レンタルした家具や家電を新しくレンタルしなおせば、時代遅れの家具や家電が配備されていることにもならず、またきちんとメンテナンスされた家具・家電がセットされているというわけです。

イメージ18

暮らしやすさと使いやすさを両立させるレンタル家具とレンタル家電が理想

では、設備として備え付ける家具や家電をレンタルするとして、どのようなタイプのレンタル家具・レンタル家電が理想的でしょうか。

仮に、自分が家具も家電も購入して揃えるとしたら、基準になるのは「自分の好きなモノ」あるいは「最先端の使いたい機能が付いているもの」ということになるでしょう。しかし、誰にでも使いやすくて、必要十分な家具や家電をレンタルするわけですから、一概に最先端の機能が付いていることが優先されるわけではありません。

言い換えれば、誰にでも使いやすくて、簡単な操作で、必要な動作が実行できるものが、理想です。

たとえば、シースタイルで提供しているレンタル家電、レンタル家具の基本パックを揃えておけば、引っ越しをしてきたその日から、難しい操作を覚えることなしに使えるでしょう。

利用者が変わるごとに家具も家電も変えられるのがメリット

福利厚生施設のひとつとして用意するマンションなので、短期間で複数の人が利用することが前提になります。そうした施設で家具や家電を購入してセットした場合、部屋を利用する人は変わっても、家具や家電は同じモノを使うことになります。もちろん丁寧に使われるでしょうし、お部屋クリーニング代行業を利用して掃除をすれば良いのですが、それよりもレンタル家具・レンタル家電なら、利用者が変わるごとにレンタルしなおせば良いわけです。

そうすることで、利用者はそれぞれにちゃんとメンテナンスされたレンタル家具やレンタル家電が使用できるわけですから、気持ち良く使えるでしょう。
もちろんある程度の希望を聞くこともできます。たとえばTVは必要ないだとか、洗濯機は必要ないだとか、こたつを年中利用するからテーブルはいらないだとか。基本的なレンタル家具とレンタル家電を提示しておいて、その中から必要なものといらないものを伝えてもらうようにすれば、より利用者好みの住環境を用意できることになります。

メンテナンスフリーが利用者にとって便利

単身赴任で出向先に出向いている人や研修期間中だけ地元を離れている人にとって、仮住まいで使用している家具や家電が故障したときの対応ほど、面倒でストレスになることはありません。

仕事へは出かけないといけないのに、電気屋さんなどへの連絡をして修理の依頼から、見に来てもらう日程まで決めなければいけません。
その点、レンタル家具やレンタル家電を利用している場合は、通常の使い方で故障やトラブルが発生したらレンタルショップが商品の交換をしてくれるのが一般的です。

それも会社の厚生施設のものであれば、会社の担当者に依頼をしておけば、仕事している間にレンタル商品が交換されている、ということも可能でしょう。
つまり、使いやすく使って、メンテナンスフリーなわけです。これって、一人暮らしの人にとって、とても便利なシステムだと思いませんか。

こうした福利厚生施設を用意するだけで、働きやすさを重視した企業であることをアピールできる可能性が高まります。
レンタル家具やレンタル家電をうまく利用すれば、充実した福利厚生施設を実現出来る可能性が広がるわけです。一度、検討してみてもソンはないはずですよ。

まずは、どういうシステムを使えばより便利な住環境を提供できるか、どのようなレンタル家具やレンタル家電を揃えるのがベストなのか、コストはどうなるのかなどをレンタルショップと相談してみましょう。

家具や家電のレンタルなら長栄C-Style(シースタイル)へご相談ください。

> シースタイル 家具家電レンタル商品を見る