家具や家電をレンタルするときの心得 | 家具や家電のレンタルなら長栄C-Styleへ

MENU

コラム

  1. 家具家電レンタルTOP
  2. コラム
  3. 家具や家電をレンタルするときの心得

家具や家電をレンタルするときの心得

大学などへ進学して実家を離れるとき、あるいは、単身赴任が決まったとき、または事務所を自宅とは別に構えるときなどに考えるのが、家具や家電のレンタルです。

レンタルをしてくれるお店もたくさんありますから、どんなサービスがあるのかも事前にチェックしておくことが大切です。
今回は、気持ちよく、スムーズにレンタル生活を送るためのポイントを考えてみましょう。

こだわりの機能を考える

とくに家電のレンタルをするときに考えておくべきポイントが、家電に求めている機能です。

レンタル会社は多くの顧客をターゲットにして、商品を揃えていますから、基本的にシンプルな機能で、使いやすいもの。しかもデザイン的にも一般的なものが多いようです。
たとえばレンタルしたい家電が、一般的な日常生活で簡単に使えるものであるなら、問題無く、欲しい家電がレンタルできるでしょう。使い方も特殊なものがないので、使いにくいと感じることや、壊すのではないかとストレスに感じながらレンタルしているという状況にはならないと思います。
一方で、レンタルしたい家電に特殊な機能を求めている場合。たとえば、高性能な画質や音質にこだわったテレビやオーディオセットをレンタルしたい場合には、そうした家電を扱っているかどうかを確認しなければなりません。
相談に乗ってくれるレンタル会社もありますから、あきらめずに相談しましょう。
ですが、特殊な機能を求めて家電をレンタルするという時点で、そのレンタルはほんとうに賢い選択か? と考えてみましょう。
高機能な家電を求めるということは、それを使いこなすことを楽しんでいることでもあり、また自分独自の世界観をもっているということでもあります。
そうした特殊なものはレンタルするより、購入するのが良いのかもしれませんね。
また、最近ではプロが使えるようなカメラ、撮影機材などをレンタルできるお店もあります。
こうした専門店でのレンタルは、特殊な機能、高性能な商品を集めてレンタルしているわけですから、先ほどの例とは異なります。
家電で特殊な機能を、それでもレンタルでさがしたい場合は、扱っているレントなるショップを探してみましょう。

イメージ15

家具・家電の置く場所のサイズを把握しておく

一般的な家具や家電をレンタルしてくれる会社では、多くの人がレンタル品として求めるであろう家具や家電が扱われています。機能は使いやすくて基本的なものですが、サイズはもっとも流通しているものと、特殊なサイズを扱っていることが多いようです。

たとえば小さな冷蔵庫、ハンディーなテレビ、戸外で使える照明器具などがその例です。
なぜなら、ある特殊なシチュエーションでだけ使いたいからレンタルしたい、という要望に応えるためです。いいかえれば、サイズに関してはある程度、要望に合わせた商品がレンタルできる可能性がある、ということです。
ここでチェックしておきたいのが、レンタルした家具や家電を使う場所のスペースです。
レンタルショップにレンタルしに行く前に、サイズを測っておきましょう。

レンタル品を交換したいとき、どうすればいい

レンタルをした家具や家電を使い始めて、使い勝手やサイズに不満が出た場合、レンタルの途中でも商品の変更や返品を受け付けてくれるのが一般的です。
変更商品によっては追加費用が発生することもありますが、事前にサービス内容を確認しておくと安心です。
また、通常の生活を送っているなかで、故障が生じた場合でも、極端な扱いなどが無いことを条件に交換してくれるようです。この点も事前に確認しておきましょう。
家具をレンタルしている場合、日常的に使っていると、どうしてもテーブルの天板やイスの脚部分に傷を付けることがあります。どの程度の傷は日常的な使用範囲と判断されるのかも確認しておきましょう。
レンタルしたテーブルの天板が傷つくのが心配な場合は、テーブルクロスを使用するとか、ガラストップを置くとか、工夫するのもひとつの手です。

レンタルした家具や家電が気に入った場合の買い取り

一部のレンタルショップでは、たとえば高級な家具や高機能な家電をレンタルしている場合、その使い勝手が気に入った場合に買い取れるサービスを提供しています。
たとえば、新しく仕事用のオフィスを開き、お客様用に少し高級な家具をレンタルした場合など、その雰囲気や使いやすさが気に入って、購入したいと申し出るレンタル利用者は多いようです。
レンタル時に買い取り制度などがあるかの確認をしておくと、選択の幅が広がりますね。
また、その場合、多くのケースで、レンタル料金ですでに払い込み済みの金額を、買い取る家具の総価格から割り引いて買い取り価格を提示する、というレンタルショップが多いようです。
価格設定なども確認しておきましょう。

家具や家電のレンタルなら長栄C-Style(シースタイル)へご相談ください。

> 家具家電レンタル シースタイル トップページへ