高級家具こそレンタルはいかが? | 家具や家電のレンタルなら長栄C-Styleへ

MENU

コラム

  1. 家具家電レンタルTOP
  2. コラム
  3. 高級家具こそレンタルはいかが?

高級家具こそレンタルはいかが?

家にお客様がよく尋ねてくるから、ちゃんとした応接間を用意しておきたい、家以外に事務所を構えているので、そこにも応接間を作っておきたい。そのような時にこそレンタル家具は便利でお得かもしれません。

お客様をおもてなしする応接間。そこに置く家具はやはり、それなりの質の家具を揃えたいですね。その分、購入するとなるとお値段は高くなると予想されます。

しかし、そうはいっても日常で使わない家具一つに何十万という値段はそうやすやすと払えるものではありません。

事務所に置く場合も同様です。これから取引をはじめるかもしれない顧客を招く部屋ですから、それなりに質の良い調度品を揃えておきたいものです。もちろん、調度品の質と、仕事の良し悪しはかならずしも一致するわけではありませんが、家具一つをとっても、選んだセンスや個人の人柄を計り知る材料にはされるものです。

とはいえ、こちらも家の応接室同様、できるだけ初期投資は抑えて、事業資金には余裕をもたせておきたいところです。
そういった時にこそレンタル家具を使うのはいかがでしょうか。

イメージ12

なぜ高級家具こそレンタルがいい?

まず、レンタル家具の一番のメリットは初期費用の安さでしょう。

例えば、20万円のソファーを購入した場合には、当然20万円必要です。
分割で買った場合には、初期費用こそ抑えられるかもしれませんが、
分割手数料がかかるため、総額で高くなってしまいます。

レンタル家具の場合はどうでしょうか。高級家具のレンタルをあつかっているレンタル家具のあるプランを例に見てみましょう。

レンタルショップが提供しているこのプランでは、まず初めに家具の購入代金の30%を申込金として払うことになります。
この代金は、レンタルをやめた場合には返金されるもので、マンションなどでいうところの敷金に当たるものです。

その後、家具の購入代金の約3%程度のレンタル料を払っていくことになります。
仮に2年間レンタルしたとすると、申込金は返金されることになるので実際に出費となるのは2年分のレンタル料156,000円となり、購入するより44,000円お得になります。

もちろんこうしたプランはレンタルショップによって異なりますから、自分がレンタルしたい家具とレンタルショップを決めたら、まずはスタッフに相談してみましょう。

家具や家電のレンタルのお問い合わせやご相談などは、長栄C-Style(シースタイル)まで!

気に入った家具は買取りも可能

さらに、高級家具レンタルサービスを行っている場合、家具をレンタルして、気に入ったという場合には買取りも可能というケースも少なくありません。
このサービスは多くの場合、レンタル家具・家電に適用されているようですので、レンタルショップを決めたら、内容を確認してみましょう。

先ほど紹介したレンタル家具のプランでもレンタルしていた家具の買取りが可能になっているようです。このプランの場合、買取りしたときにも申込金は返金されるので、レンタル料金と商品価格の差額を支払えば、買取ることができます。

さらに、分割手数料などもかからないため、買取ったとしても分割で買うよりも得だといえるでしょう。なぜなら、クレジットで分割払い購入をすると、分割手数料が加算されて請求されるからです。細かいようですが、高額な商品の場合、バカになりません。
実際に家具を買う前のお試しとして使い心地を確かめるというように、買取り前提でレンタル家具を借りるという使い方もいいかもしれませんね。

高級家具をレンタルするときの注意点

高級な家具をレンタルするときに、もっとも気になるのが、途中で汚したり、破損したりしたときは、買取りを強制されるのではなかいという点です。ただ、多くの場合はそのような事は無いようです。

ただし、プランによっても異なりますので、自分がレンタルするショップの提供プランを確認してください。

以下では一般的な事例を紹介しておきましょう。

たとえば、ソファーをレンタルしていてコーヒーなどをこぼしてシミが出来てしまった場合。通常の使用において経年的にできた汚れや傷については、修理や洗濯費用を徴収されないことが多いようです。
また、レンタル家具においては使えなくなるほど故障する破損するというケースは考えにくいのですが、かりに、イスの脚が折れてしまったなどの場合は、修理費を請求される場合もあります。
たとえば、安心保証などの保証プランも用意されている場合もあるようです。これは飼い犬がテーブルの脚をかじったとか、子どもが傷を付けたなどの場合も、修理費用が発生しないといったものです。
しかし、ある程度の費用は追加で請求されたとしても、レンタル期間中であれば、使える状態のものを交換してくれることが一般的なプランに盛りこんでありますから、その点も安心して使えるということになります。
こうしたオプションの契約内容については、それぞれのレンタルショップが提供するサービスによるものですから、必ず納得のいくものであるかどうかを確認する必要があります。

高級家具をレンタルする場合に限らず、どんな些細なことであれ、レンタルショップに相談できるかどうかが、どこでレンタルするかのポイントになります。聞く耳のあるレンタルショップを探してみましょう。

家具や家電のレンタルなら長栄C-Style(シースタイル)へご相談ください。

> 家具家電レンタル シースタイル トップページへ