家具・家電を借りるべきか? 買うべきか?ここで仕分ける | 家具や家電のレンタルなら長栄C-Styleへ

MENU

コラム

  1. 家具家電レンタルTOP
  2. コラム
  3. 家具・家電を借りるべきか? 買うべきか?ここで仕分ける

家具・家電を借りるべきか? 買うべきか?ここで仕分ける

さて、買うべきか、借りるべきか。どんなケースで悩むことになるのか。
買うことのメリット、借りることのメリット。いろいろとみてきました。
では、わかった情報から、どういった条件のときに買うべきなのか、あるいは今は借りるべきときなのか、をまとめてみましょう。

期間限定かどうか

まず、買うことで生まれるメリットは、なんといっても愛着のある家具や家電に囲まれた自分らしい生活空間を実現できることです。
使い方などに気兼ねもいりませんし、うっかり付けてしまった傷でさえ、使い込むほどに味になり、それがまた愛着を深める要因ともなります。そう、長く使うなら買うべきです。

家具ならとくに、経年変化を楽しむのも使う楽しみの一つですから、お気に入りを購入して丁寧に使い続けること。
これはものを大事にすることにもなりますし、大切なことです。

一方、必要だけれど、これは短期的なもので、使わなくなるときが来ることがわかっているなら、これはぜったいに借りるべきです。
最先端の機能を便利に活用するために、期間限定の用途だとわかっていて、購入するのはナンセンスです。
かといって、あれば便利で効率的だとわかっていて、我慢するというのも合理的な判断ではありません。

つまり、限定的な使い方、とくに短期間だけれど必要なものであれば、借りる。生涯使い続けたいと思うものは買う、
ということですね。

生活のなかで使い勝手を試してみたい

では、購入を考えているけれど、ほんとうに自分に適しているか判断しかねる。
しばらく試してみたいという場合ありませんか? 販売店の売り場で、丁寧な説明はしてもらえますが、しかも少し使ってみることもできますが、ピンとこないでしょう。使いたい場所で、自分のタイミングで、ちゃんと使い勝手を試してみたい。そんな場合は、まずは借りてみる。これもよい方法だと思います。

使ってみて、やっぱり違ったということになれば、購入はしなくてすみます。
使ってみると想像以上に便利だった、ということになれば、即購入です。

納得いくまで試したいなら、借りてみましょう。

イメージ05

短期的に複数が必要

同じ家電を複数必要とする場合。たとえば料理教室を頼まれて、5台のレンジが必要などといった場合。知り合いに声をかけて5台くらいなら集められなくもないですが、同じ機種が揃うとは考えにくいでしょう。

でも必要なのはその教室を開催する3日間だけ。これはもちろん借りるケースです。
イベントを開催するときに、きちんと環境を整えられるか否かが、主催者の印象を左右するものです。
備品ひとつひとつが過不足なく揃えてある。しかも誰も同じ条件になるように、数も品質も揃っている。
そういう基本のき、の部分ができているかどうかで、あなたの評価は変わります。

賢くレンタルを活用しましょう。

家具や家電のレンタルなら長栄C-Style(シースタイル)へご相談ください。

> シースタイル 家具家電レンタル商品を見る