【家電選び】アイロンをレンタルするときの選び方 | 家具や家電のレンタルなら長栄C-Styleへ

MENU

コラム

  1. 家具家電レンタルTOP
  2. コラム
  3. 【家電選び】アイロンをレンタルするときの選び方
アイロンをレンタルするときの選び方

ワイシャツやハンカチをパリッとさせてくれる便利な家電、アイロン。これまでクリーニングを利用していたけれど、自分でアイロンをかけてみようかと検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、アイロンをレンタルするときの選び方をご紹介します。

まずはアイロンの種類をチェック!

アイロンは、大きく分けて2つの種類があります。それは、スチームアイロンとドライアイロンです。ここでは、2つのアイロンについてその特徴を解説します。

  • スチームアイロン

    スチームアイロンは、アイロン面(アイロンを持ったときに下側になる平たい面)からスチーム(蒸気)が出るタイプのアイロンです。アイロンの中に水を入れて使用します。ニットやウールなどの冬物衣料でも使用できるのがメリットです。

  • ドライアイロン

    ドライアイロンは、アイロン自体からはスチームが出ないタイプのアイロンです。霧吹きでスプレーのりなどを吹きかけながら使用します。天然繊維や合成繊維の衣類には、ドライアイロンが適しているといわれています。

    価格は比較的安いですが、市場に出回っている数はあまり多くないので、ドライアイロンのレンタルを探すのは少し難しいかもしれません。ただし、スチームアイロンの機能の1つとして、ドライアイロン機能がついている場合もあります。

コードレスとコード付き、それぞれのメリットとデメリット

アイロンの選び方の重要ポイント、それは電源コードの有無です。コードレスアイロンにも、コード付きアイロンにも、それぞれメリットとデメリットがあります。ご自身の使い方に適しているのはどちらなのか、チェックしてから選びましょう。

  • コードレスアイロン

    コードレスアイロンの最大のメリットは、電源コードがないためアイロンがかけやすいことです。アイロンの扱いに慣れていないと細かい部分のアイロンがけはなかなか大変なこともあるので、コードレスでストレスなく使えるのはうれしいですよね。

    ただし、コードレスアイロンは専用台の上で蓄熱させてから使用する必要があるため、数分ごとに専用台の上に戻さなくてはなりません。アイロンをかける枚数が多い場合は、手間に感じてしまうでしょう。内蔵している充電池が経年劣化する可能性もありますので、レンタルしているアイロンの充電がすぐになくなると感じるようであれば、早めに交換を申し出ましょう。

  • コード付きアイロン

    コード付きアイロンは、ずっと高い温度で使い続けられることがメリットです。大きな衣類や、大量の衣類・ハンカチがあっても、そのまま使い続けられます。

    デメリットは、コードレスアイロンと比べるとアイロンがけに技術を要することです。慣れれば問題なく使えますが、コードが邪魔になることがストレスになってしまう可能性があることは認識しておきましょう。

おわりに

今回は、アイロンをレンタルするときの選び方をご紹介しました。
アイロンを選ぶ際のチェックポイントは、今回ご紹介したほかにもタイマー機能の有無やアイロン面の素材の違いなどの項目がありますが、まずは上記の2点をチェックすれば十分でしょう。
どのようなアイロンが適しているのかは、使い方や頻度によって異なります。ご自身の使い方に合わせたアイロンをレンタルしてくださいね。

> シースタイル 家具家電レンタル商品を見る